コンセプト

施工

Slider

妥協しない。
日本の家づくりの基礎である和風建築を、
得意とする専属大工がじっくり丁寧につくります。

在来軸組構法を採用しており、設計の自由度が高く完成後、家族の変化に伴いリフォームをする際も、さまざまなアレンジが可能です。

また、近年では機械加工によって構造材を切り出すプレカット工法によって工期も短縮でき、コストも抑えることができますが、和風建築には複雑な継ぎ手の加工があり、機械でも加工が難しい場合があります。しかし、下元住研では熟練の自社専属大工が、手刻みで木材を加工することが出来ます。